2022年 鈴鹿サーキット アクア・アドベンチャープール 口コミ・割引情報

鈴鹿サーキット アクア・アドベンチャー
営業期間
2022年7月9日(土)~9月4日(日)
休業日営業期間中無休
営業時間日によって異なる
  • 「営業期間・時間」参照
住所三重県鈴鹿市稲生町7992   地図を見る
駐車場有り
電話番号059-378-1111 (代表)
プール屋外/流水プール、幼児用プール、ベビープール、アスレチックプール、ウォータースライダーなど

国際レーシングコースを中心としたモビリティテーマパーク「鈴鹿サーキット」の「ゆうえんちモートピア」内にある夏季のみ営業する屋外レジャープール「アクア・アドベンチャー」。

プールデビューのお子さまから小学生向けのプールで、年齢や成長に合わせて楽しめる各種遊具が設置されたプールとスライダーが備わっています。

プールの他にもさまざまなアトラクションがある「ゆうえんちモートピア」は、以下の8つのエリアに分かれています。

  • コチラのプッチタウン
  • チララのハローガーデン
  • プートのモビパーク
  • ピピラのモトフィールド
  • バットのアドベンチャーヴィレッジ
  • GPフィールド
  • Circuit Challenger
  • アクア・アドベンチャー

モートピア内はアトラクションの数が豊富で、0歳から遊べるものも多く、授乳室やキッズトイレ、ベビーカーのレンタルやおむつの販売もあります。

S-PLAZA (ホテルレストラン) 内「そらたべよ」で食事をすると、無料で離乳食 (5~9ヶ月) を提供するサービスもあります。
(他にもモートピア内に離乳食 (7、9、12ヶ月) を販売している施設があります。)

その他ベビーグッズの販売所もあるなど、ファミリーが安心して利用できるようとても配慮がなされたスポットだと思います。

アトラクションの中では、「Circuit Challenger (サーキットチャレンジャー) 」が特にオススメ!

F1が走る本物の国際レーシングコースを最先端のEVマシンで走る、ここでしか体験できないアトラクションで、2歳以上から乗車可能。

また、鈴鹿サーキット内にはオフィシャルホテル「鈴鹿サーキットホテル」と、アウトドア派に嬉しい「ファミリーキャンプ場」に宿泊施設もあります。

キャンプ場、ホテルの宿泊者はゆうえんち入園、駐車料金が滞在期間中無料となる特典もあり、めいっぱい遊びたいご家族にオススメです。

この記事ではプールの詳細や口コミ、お得な割引情報などをご紹介します。

プール紹介

「アクア・アドベンチャー」内には、年齢や成長に合わせて冒険できる以下の6つのエリアがあります。

  • アドベンチャーマウンテン
  • アドベンプッチ
  • アドベンチャーウェーブ
  • アドベンベビー
  • アドベンチャーリバー
  • アドベンチャースライダー

プールは1時間に1回休憩時間があり、エリアごとの水深はさまざまでお子様の年齢に合わせて遊びやすいプールとなっています。

日陰のレストスペース (休憩所) は無料と有料エリアが各所にあり、泳ぐのに疲れたあとも緑に囲まれた空間でぷちリゾート気分を味わいながら快適にくつろぐことができる。

また、特筆すべきはプールの水には鈴鹿山系の天然水が使用されており、24時間運転で濾過装置を規定の6倍の濾過ターンで稼働して衛生管理が徹底されていること。

水質管理を徹底しており、デリケートな小さなお子様でも安心して遊べるプールだと思います。

他にもベビーカー置き場や授乳室を完備・水遊び用オムツで遊泳可能なことから、お子様のプールデビューに最適なプールだと言えます。

① アドベンチャーマウンテン

鈴鹿サーキット アクア・アドベンチャー アドベンチャーマウンテン

自然の地形“山・川・滝”を活かした様々な水遊びアイテムがあるメインプール。
勇者の滝や沢登り、飛び出すスライダーなど、冒険心をくすぐる仕掛けが随所にあります。

中心にある「噴水火山」はスイッチを押したら火山口から水が噴き出す仕組みになっており、「勇者の滝」は勢いよく流れ落ちる滝を勇気を出してくぐり抜けるもの。

水をかけ合い相手のドラム缶をいっぱいにしてひっくり返す「ウォーターキャノン」は、仲間同士で白熱したバトルができて楽しめます。

スライダーは、勇者の滝の上を2人まで乗れるボートで滑走する全長30mの「とびだスライダー」と、1人で渓流の水にのって一気に滑り下りる「渓流スライダー」の2種があり子どもたちに人気!

他にも、上流の源泉を目指す「沢登り」、モーターの力でボートから水を出す「トータス号」など、さまざまな遊べる要素がいっぱいです。

なお、スライダーには身長制限があります。

アドベンチャーマウンテン

水深:10㎝~60㎝

とびだスライダー

定員:2名 (1名での利用可能)

利用条件

身長制限:105㎝以上

渓流スライダー

定員:1名

利用条件

身長制限:105㎝以上
身長105cm未満の場合でも、中学生以上の方と同伴で利用可能

② アドベンプッチ

鈴鹿サーキット アクア・アドベンチャー アドベンプッチ
出典:suzukacircuit.jp

“のりもの” や “探検家” になりきって、数々の指令にチャレンジしたり、“パワーリング” を探す冒険が楽しめるキッズプールです。

こちらのプールエリアは、三重大学教育学部教員との共同開発から生まれた幼児教育の観点が取り入れたプールエリアで、“なりきり” というごっこあそびを通して、幼児の年齢に合った活動の動機を与え、より自発的に楽しみながら成長に繋がる要素が組み込まれています。

最大水深20㎝の「ビーチロードプール」、ミニサイズの滑り台「パワーバトルスライド・ミニ」は小さなお子様でも安心して楽しめます。

他にも橋を進んだ先にある「キッズアイランドプール」からは、いろんな方向へ滑って楽しめます。

ビーチロードプール

最大水深:20cm

パワーバトルスライド・ミニ

定員:4名、高低差:2m、コース全長:9m

キッズアイランドプール

高低差:80cm

③ アドベンチャーウェーブ

鈴鹿サーキット アクア・アドベンチャー アドベンチャーウェーブ

アドベンチャーウェーブは波のプールとアスレチックを組み合わせたプールエリアです。

後述する「アドベンチャーリバー」と同じく一番水深が深いエリアで、小学生に上がったお子様にオススメです。

アドベンチャーウェーブ

水深:100cm、水面積:650㎡

④ アドベンベビー

鈴鹿サーキット アクア・アドベンチャー アドベンベビー
出典:suzukacircuit.jp

アドベンベビーは水深が浅くて小さなお子様も安心のプールで、プールデビューにオススメ!

水深15㎝の浅い「ベビープール」とキッズも安心して楽しめる「キッズ流水プール」があります。

ベビープール

水深:15㎝

キッズ流水プール

水深:30cm、1周:48m

⑤ アドベンチャーリバー

鈴鹿サーキット アクア・アドベンチャー アドベンチャーリバー
出典:suzukacircuit.jp

ゆったり水が流れる流水プール「アドベンチャーリバー」。

子供向けプールとしては規模が大きく、全長は210mあります。

プールではいつ水が飛んでくるか分からない噴水装置「あばれ噴水」が設置されており、四方八方に水が振り撒かれます。

アドベンチャーリバーの中央にあり存在感を放つのは、高さ5mの巨大な杯から大量の水が放出され清涼感を味わえる「勇気の聖杯」。

勇気の聖杯は、放水が近づくと “カンカン” と音が鳴り響き、緊張感が高まります。

8つのバケツがぶら下がった「ドッポーンバケツ」は、いつどのバケツから水が落ちてくるか分からないため、突然落下した水を浴びたりと、ドキドキ感を楽しめます。

アドベンチャーリバー

水深:100㎝、全長:210

⑥ アドベンチャースライダー

鈴鹿サーキット アクア・アドベンチャー アドベンチャースライダー

みんな大好きウォータースライダーが2種設置されており、それぞれ仲間同士や親子で滑って楽しめる、おすすめのアトラクションです。

全長110mの「チューブライド」はコースを2人乗りボートで滑走するタイプで、コースの長さもそれなりにあり、一緒に滑った者同士でスリルを味わうことができます。

一方「パワーバトルスライド」は2つのレーンを別々に出発し、2人で基準タイムクリアを目指すタイムアタック制のスライダーです。

めでたく基準タイムをクリアすると祝砲が上がり、達成の証として「パワーバンド」をゲットでき、喜びを分かち合えます!

  • 1人で目標タイムをクリアしても「パワーバンド」は獲得できます。
    パワーバンドのお渡しは小学生までのお子さまのみとなります。

なお、両スライダーともに身長制限があります。

チューブライド

全長:110m、高低差:10m

利用条件

定員:2人乗り専用

身長制限:120㎝以上

パワーバトルスライド

全長:80m、高低差:8m

利用条件

定員:2名 (1名/レーン)

身長制限:120㎝以上

プール・スライダーのご紹介は以上になりますが、モートピアでは水着を着たまま遊園地で遊ぶこともできます。

お子様がプールを早い時間に飽きてしまった場合は遊園地で楽しみましょう。

飲食

鈴鹿サーキットでは飲食店が充実しており、「ゆうえんちモートピア」内に13店舗、国際レーシングコースの「グランドスタンド」のエントランスに12店舗、国際レーシングコース「センターハウス」内にレストランが1店舗あります。

また、鈴鹿サーキットホテル内のレストラン「S-PLAZA」内にもレストランが備わっています。

クレジットカード、スマートフォン決済に対応しています。

クレジット
カード対応
VISA・Mastercard・JCB・アメリカンエキスプレス(アメックス)・ダイナースクラブ・DISCOVER・銀聯
スマートフォン
決済
PayPay・LINE Pay・d払い・WeChat Pay・Alipay

休憩スペース

アクア・アドベンチャー内には、無料と有料のレストスペースが備わっています。

無料レストスペース

持参したテントを無料テントエリアに設置して、休憩スペースとして利用することが可能です。

持ち込み可能なテントのサイズは縦・横2m以内なので、ご注意ください。

専用設置エリア

  • アドベンチャーリバー奥
  • アドベンチャードライブ乗り場南側
  • フォレストBOX奥

なお、スペースに限りはありますが、一部プールサイドに無料で利用できる固定パラソル等の設置もあります。

有料レストスペース

アクア・アドベンチャー各所にさまざまなタイプの有料レストスペースがあります。

有料席はオンラインチケット「アソビュー! (asoview)」で前売り券が購入可能で、当日でも席が余っていればプールレンタル受付で先着順に販売されます。

有料スペースの内容は以下の通りです。BOXタイプのものがグレードが高くて高額になります。

なお、記載している最大利用人数は中学生以上の人数です。3歳以上~小学生以下のお子様は、2人で中学生以上の1人分となります。

①リバーBOX

1番グレードが高い休憩スペースで、プライベート感がある広々とした空間でゆったり利用できます。

ここだけUSBポートを使用でき、扇風機も備わっています。

流水プールのすぐ傍にあり、スライダーも近くにあります。

場所リバーエリア
グレードプレミアム
席数9
広さ2.8 × 4m
※前庭1m
最大利用人数9
設備
  • 区切られたスペース
  • ウェーブベッド
  • サイドテーブル
  • ベンチ
  • 扇風機
  • USBポート
  • ダイヤル式ロッカー
日陰屋根
料金S料金:17,000円
A料金:16,000円
B料金:11,000円

—— 予約はこちら ——

②マウンテンBOX

仕切り壁が高くプライベート感があり、扇風機付き。プールエリアの中央あたりにあるので便利です。

場所マウンテンエリア
グレードスペシャル
席数10
広さ2.5 × 4m
最大利用人数8
設備
  • テント付ウッドデッキの区切られたスペース
  • ベンチ
  • 扇風機
日陰屋根
料金S料金:13,500円
A料金:12,500円
B料金:10,000円

—— 予約はこちら ——

③リバーファミリーシート

流水プールの横にある、上段・中段・下段に分かれた休憩スペースです。

場所リバーエリア
グレードスタンダード
席数下段:14、中段:15、上段:16
広さ2.5 × 2.5m
最大利用人数4
設備
  • デッキチェア
  • 丸テーブル + イス3脚
日陰屋根
料金S料金:9,000円
A料金:8,500円
B料金:6,000円

—— 予約はこちら ——

④マウンテンファミリーシート

プールゲート、アドベンチャーマウンテン近くの休憩スペースです。

場所マウンテンエリア
グレードスタンダード
席数下段:6、上段:10
広さ2.5 × 2.5m
最大利用人数4
設備
  • デッキチェア
  • 丸テーブル + イス3脚
日陰メッシュ
料金S料金:7,500円
A料金:7,000円
B料金:5,000円
  • 時間帯によっては日陰にならない部分があり、雨天時は濡れる席になっています。

—— 予約はこちら ——

⑤ウェーブファミリーシート

プールの一番奥にあるスペースで、アスレチックで遊べるアドベンチャーウェーブやスライダー、3~5歳が楽しめるアドベンプッチなどが近くにあります。

場所ウェーブエリア
グレードスタンダード
席数10
広さ2.5 × 2.5m
最大利用人数4
設備
  • デッキチェア
  • 丸テーブル + イス3脚
日陰メッシュ
料金S料金:7,500円
A料金:7,000円
B料金:5,000円
  • 時間帯によっては日陰にならない部分があり、雨天時は濡れる席になっています。

—— 予約はこちら ——

⑥リバーシングルシート

流水プールの傍の、デッキチェアと小さなテーブルが1つづつあるシンプルな休憩スペースです。

場所リバーエリア
グレードスタンダード
席数下段:8、中段:8
広さ2.5 × 1.5m
最大利用人数1
設備
  • デッキチェア
  • サイドテーブル
日陰屋根
料金S料金:4,500円
A料金:4,500円
B料金:3,000円
  • 時間帯によっては日陰にならない部分があり、雨天時は濡れる席になっています。

—— 予約はこちら ——

⑦マウンテンシングルシート

プールゲート、アドベンチャーマウンテン近くにあるシンプルな休憩スペースです。

場所マウンテンエリア
グレードスタンダード
席数6
広さ2.5 × 1.5m
最大利用人数1
設備
  • デッキチェア
  • サイドテーブル
日陰メッシュ
料金S料金:4,000円
A料金:4,000円
B料金:2,500円
  • 時間帯によっては日陰にならない部分があり、雨天時は濡れる席になっています。

—— 予約はこちら ——

⑧ウェーブパラソル

唯一のパラソルの有料席です。アドベンチャーウェーブ、アドベンプッチ、スライダーが近いです。

パラソルなので日陰になる部分は少なく、雨天も濡れます。

場所ウェーブエリア
グレードエントリー
席数10
広さ2.5 × 2.5m
最大利用人数4
設備
  • パラソル付
  • 丸テーブル + イス4脚
日陰パラソル付
料金S料金:6,000円
A料金:5,500円
B料金:4,000円
  • パラソルは強風の場合は閉じる場合があります。
  • パラソルの角度は調整できません。

—— 予約はこちら ——

⑨フォレストBOX

こちらはプールから少し離れた場所にあり、木に囲まれた比較的涼しいエリアで扇風機付きです。

場所フォレストエリア
グレードスペシャル
席数12
広さ2.5 × 3.5m
最大利用人数8
設備
  • 区切られたスペース
  • ベンチ
  • 扇風機
日陰屋根
料金S料金:12,500円
A料金:11,500円
B料金:9,000円

—— 予約はこちら ——

プール用品 レンタル・販売

アドベンチャーマウンテンエリアに以下のプール用品のレンタル・販売があります。

プール総合案内所・レンタル受付

[レンタル品]
浮き輪 (子供用から大人用までサイズに関係なく500円)、バスタオル (300円)

アドベンビーチショップ

[販売品]
水着、水遊び用オムツ、ゴーグル、浮き輪、足入れタイプの浮き輪、簡易テント、タオルなど

料金の支払いはキャッシュレス決済が利用可能です。

クレジット
カード対応
VISA・Mastercard・JCB・アメリカンエキスプレス(アメックス)・ダイナースクラブ・DISCOVER・銀聯
スマートフォン
決済
PayPay・LINE Pay・d払い・WeChat Pay・Alipay

プールサービス

  • アドベンビーチサイドショップ向かいに無料で利用できる脱水機が2台あり。
  • プール総合案内所・レンタル受付にて、エアーコンプレッサー (空気入れ) を無料で利用可能。
  • 遊園地の利用が “水着のままは恥ずかしい″、”日焼けが気になる″そんなプール利用者の方の為に、無料で利用できるレンタルTシャツあり。
    「プール券売所横特設コーナー」にて、貸出・返却 (利用後は返却BOXに要返却)
    ※Tシャツ、ハンガーは返却後、洗濯・消毒がされます。
  • ベビーカー置き場はプールゲートに入った通路脇にあり。
  • 授乳室は更衣室横にあり。 (ベッド3台)
  • コインロッカーは更衣室 (ロッカー棟) にあり。
    料金:入金/400円・600円 返却/100円
    ・400円…(縦)31cm×(横)41cm×(奥行き)42cm
    ・600円(ピンク)…(縦)52cm×(横)41cm×(奥行き)42cm
    ・600円(緑)…(縦)80cm×(横)30cm×(奥行き)48cm
  • ドライヤー (無料) は、ロッカー棟内トイレ横に設置。 (男女共同で使用)
  • 両替機は、更衣室 (ロッカー棟) 内出入り口付近に2台設置。 (1,000円、100円に両替可)
  • 救護所は、プール総合案内所横にあり。
  • シャワーは、温水 (9本)、冷水 (8本) あり。
  • 自動販売機はスマホキャッシュレス決済が可能。
    (iD・楽天Edy・nanaco・WAON・交通系電子マネー・Coke ON Pay)

その他・注意事項等

  • プールの再入場は当日に限り可能です。
    なお再入場する場合は、プールエリア退場時にプールゲートスタッフにお声がけください。
  • オムツが取れていないお子様の通常のオムツでの遊泳は不可。
    水遊び専用パンツを使用してください。 (アドベンビーチサイドショップで購入可)
  • 清潔なTシャツであれば、Tシャツを着用したままでの遊泳は可能です。(プール内の塩素により、変色する可能性があるため注意)
  • ガラス製品(眼鏡除く)、アレルギー対応食・離乳食を除く飲食物(園外からの持ち込み)、幅・奥行き2メートル以上のテント、火気類、その他危険物、ビン・カン類は持ち込み禁止。
  • 遊泳時に使用できないもの:シュノーケル、フィン、オールは安全上の理由により使用不可。
    ウォーターシューズは原則禁止だが、ケガ等で必要な場合は、ケガをしている側の足のみ着用可能。サンオイルの使用は禁止。
  • 利用できる浮き輪の大きさの制限はなし。ボートタイプの浮き輪の場合、オールは安全上の理由により使用禁止。
  • 無料テントエリア以外にテントの設置は安全上の理由により禁止。
  • モートピアへは水着のまま行ってもOK。
    なお、基本的にアトラクションは水着のままでも乗車可能ですが、以下のものは上着が必要です。
    <Tシャツなどの上着の着用が必要なもの>
    キッズバイクトレーニング、アクロバイク、モトファイター、カートアタッカー、ポタジェンヌ(スライダー部分のみ)

営業期間・時間

プールのオープンはいつから?
営業はいつまで?

2022年のアクア・アドベンチャーの営業期間、営業時間は以下の通りです。

営業期間

2022年7月9日(土)~9月4日(日)
(営業期間中無休)

営業時間

期間営業時間
7月11日(月)~15日(金)、9月1日(木)・2日(金)10:00~
16:00
7月9日(土)~10日(日)、9月3日(土)・4日(日)10:00~
16:30
7月19日(火)~22日(金)・25日(月)~29日(金)、 8月22日(月)~26日(金)・29日(月)~31日(水)10:00~
17:00
7月16日(土)~18日(月・祝)・23日(土)・24日(日)・30日(土)・31日(日)、 8月1日(月)~10日(水)・15日(月)~21日(日)・27日(土)・28日(日)9:30~
17:00
8月11日(木・祝)~14日(日)9:00~
17:00
  • 営業時間は変更になる場合があります。

通常料金

入園料金 (当日券)

鈴鹿サーキット「ゆうえんちモートピア」の入園料、アクア・アドベンチャーの入場料は、以下の通りです。

 大人
中学生以上
子ども
小学生
幼児
3歳以上
シニア
65歳以上
入園券2,000円1,000円800円1,000円

1デーパスポート

入園+
アトラクション乗り放題

4,800円3,400円2,200円3,400円

プール券

入園+
プール入場

3,400円2,200円1,600円2,200円

サマーパスポート

入園+
アトラクション乗り放題+
プール入場

5,900円4,300円2,900円4,300円
  • 入園券…アトラクション利用の際は、別途チケットが必要です。
  • 1デーパスポート…サーキットチャレンジャーは別途料金が必要です。
  • サマーパスポート…サーキットチャレンジャー、ロッカーには利用できません。
  • シニアは年齢確認ができる証明書が必要です。

障がい者割引

障がい者手帳、養育手帳、療育手帳を窓口で提示すると、以下の割引料金が適用されます。

 大人
中学生以上
子ども
小学生
幼児
3歳以上
シニア
65歳以上
入園券1,600円
(400円割引)
800円
(200円割引)
600円
(200円割引)
800円
(200円割引)

1デーパスポート

入園+
アトラクション乗り放題

3,800円
(1,000円割引)
2,700円
(700円割引)
1,800円
(400円割引)
2,700円
(700円割引)

プール券

入園+
プール入場

2,700円
(700円割引)
1,800円
(400円割引)
1,300円
(300円割引)
1,800円
(400円割引)

サマーパスポート

入園+
アトラクション乗り放題+
プール入場

4,700円
(1,200円割引)
3,400円
(900円割引)
2,300円
(600円割引)
3,400円
(900円割引)
  • 身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳を窓口でご提示ください。(ミライロIDを含む)
  • 障がい者手帳、養育手帳、療養手帳をお持ちの方1名を含み5名まで対象となります。
  • シニアは年齢確認ができる証明書が必要です。
  • 新学年のご利用料金の適用は4月1日からとなります。

お得な入場方法

鈴鹿サーキットで安くお得に遊ぶための割引情報をご紹介します。

バースデーパスポート

パーク入園+アトラクション乗り放題の1デーパスポートがお安くなったもので、来園日が誕生日月の小学生以下のお子様と、その同伴ご家族 (4名まで) が対象の限定パスポートです。

バースデーパスポートはWEB (アソビュー!) 専用のプランとなります。

大人
中学生以上
子ども
小学生
幼児
3歳以上
シニア
65歳以上
4,400円
(400円お得)
3,000円
(400円お得)
1,900円
(300円お得)
3,000円
(400円お得)
  • 来園時に誕生日が確認できる証明書が必要です。
アソビュー!のサイトはこちら

年間パスポート

購入から1年間、パーク入園とアトラクションが乗り放題の年パスです。

1年に4回以上来園すると元が取れてお得になります。

  • 1デーパスポート(入園+アトラクション乗り放題) を4回以上購入した場合

【有効期限】
購入日から翌年の購入月末日まで

大人
中学生以上
子ども
小学生
幼児
3歳以上
シニア
65歳以上
16,500円11,700円7,500円11,700円

【購入方法】
現地で購入するか、WEB (アソビュー!) で購入できます。

  • 申込み日の7日後以降に現地で受け取ることができます。
    来園日より1週間以上前にアソビュー!で申込・決済しておくと、来園日に年パスを受け取ることができるので1回の来園で済みます。
アソビュー!のサイトはこちら

プール付年間パスポート

購入から1年間、パーク入園とアトラクションが乗り放題、さらに屋外プールのアクア・アドベンチャー (夏季のみ) の入場券が付いたパスポートです。

1年に4回以上来園すると元が取れてお得になります。

  • サマーパスポート(入園+アトラクション乗り放題+プール入場) を4回以上購入した場合

【有効期限】
購入日から翌年の購入月末日まで

大人
中学生以上
子ども
小学生
幼児
3歳以上
シニア
65歳以上
21,600円15,800円10,300円15,800円

【購入方法】
現地で購入するか、WEB (アソビュー!) で購入できます。

  • 申込み日の7日後以降に現地で受け取ることができます。
    来園日より1週間以上前にアソビュー!で申込・決済しておくと、来園日に年パスを受け取ることができるので1回の来園で済みます。
アソビュー!のサイトはこちら

割引前売券

オンラインチケットサイト「アソビュー! (asoview)」で割引価格の前売り券が購入できます。

クレジットカードまたはPayPayでチケットを購入できてポイントが貯まりお得なうえ、当日はスマホを提示するだけでスムーズに入場できるので便利です。

また、クレカ不要の後払いでの事前購入も対応しています。

 大人
中学生以上
子ども
小学生
幼児
3歳以上
シニア
65歳以上
入園券2,000円1,000円800円1,000円

1デーパスポート

入園+
アトラクション乗り放題

4,700円
(100円割引)
3,300円
(100円割引)
2,100円
(100円割引)
3,300円
(100円割引)

プール券

入園+
プール入場

3,300円
(100円割引)
2,100円
(100円割引)
1,500円
(100円割引)
2,100円
(100円割引)

サマーパスポート

入園+
アトラクション乗り放題+
プール入場

5,700円
(200円割引)
4,200円
(100円割引)
2,800円
(100円割引)
4,200円
(100円割引)

バースデーサマーパスポート

入園+
アトラクション乗り放題+
プール入場

5,100円
(800円割引)
3,800円
(500円割引)
2,500円
(400円割引)
3,800円
(500円割引)
  • 入園券の割引はありません。
  • バースデーサマーバスポート…対象は来園日が誕生日月の小学生以下のお子様と、同伴のご家族4名まで。
    来園時に誕生日が確認できる証明書が必要です。

【プール入場券販売期間】
2022年6月25日 10:00~9月4日

  • チケットは利用日当日の12:00まで購入できます。
アソビュー!のサイトはこちら

初回会員登録で
最大5%OFFクーポン進呈!

最安値保障!他社より1円でも高ければ、
差額の2倍ポイント還元

チケット付き宿泊プラン

鈴鹿サーキットを遊びつくそうと思うと1日では足りないボリュームがあり、特に夏場はプールもあるため、遠方から来られる方は宿泊されることをオススメします。

宿泊はホテルかファミリーキャンプ場があり、どちらも宿泊されると鈴鹿サーキット入園券無料・駐車料金無料の特典があります。

また、アトラクション乗り放題や夏季はプール入場券付き宿泊プランも販売されます。

鈴鹿サーキットは駐車場から遊園地のゲートまで距離があり結構歩くのですが、ホテル宿泊者専用の駐車場は距離が近いため、移動が楽になります。

また、駐車料金 (1,000円) が無料になるのも嬉しいですね。

小さなお子様や年配の方がいらっしゃる場合は、駐車場が近いだけでも泊まる価値アリです。

鈴鹿サーキットホテル

鈴鹿サーキットホテル THE MAIN Executive Twin
鈴鹿サーキットホテル THE MAIN Premium Twin
THE MAIN Executive Twin / Premium Twin
鈴鹿サーキットホテル North館 レーシングルーム プレミアム
鈴鹿サーキットホテル North館 レーシングルーム プレミアムスイート
North館 レーシングルームプレミアム / プレミアムスイート
鈴鹿サーキットホテル West館 コチラ ファミリールーム
West館 コチラファミリールーム
鈴鹿サーキットホテル East館 サーキット キッズルーム
East館 サーキットキッズルーム

出典:suzukacircuit.jp

鈴鹿サーキットホテルは全部で5つの館に分かれています。

  • THE MAIN館(ツイン、メゾネット)
  • West館(コチラ ファミリールーム)
  • East館(サーキット キッズルーム)
  • North館(レーシングルーム)
  • South館(シングル中心)

贅沢な高級ルームや、モータースポーツの世界に包まれたレーシングルーム、高さを低くしたローベッドや角がないインテリアなどで小さなお子様にも安心のファミリールームなどの部屋が備わっています。

鈴鹿サーキットホテルの宿泊プランは、以下の各旅行サイトにてご確認ください。

ファミリーキャンプ

アウトドア派に嬉しいファミリーキャンプ場!

平らな床面のウッドデッキにテント・テーブル・イスなどキャンプの基本セットがすべてセットされた「ウッドデッキサイト」や、オーソドックスなオートキャンプが楽しめる「フリーサイト」などがあり、初心者でも安心のキャンプに必要な基本用品が揃った「らくらくセット」オプションもあります。

施設の詳細やご予約については、公式サイトにてご確認ください。

公式サイト ファミリーキャンプ

口コミ・評判

アクセス・駐車場

駐車料金

車種料金
(1日分)
駐車場入場ゲート
普通車軽自動車
乗用車
商業車
小型キャンピングカー等
三輪車
1,000円パーキングゲート
普通車
(全長5m以上の車)
乗用車・
商業車
中・大型キャンピングカー等
2,000円パーキングゲート
バス
マイクロバス
中型バス
大型バス
2,200円バス・タクシーゲート
  • 乗車人数に関係なく2,200円/日です。
バイク 自動二輪車
原動機付自転車
500円 バス・タクシーゲート
  • 三輪車は公道運転時の運転免許証で普通車かバイク料金の適用となります。
自転車無料バス・タクシーゲート

アクセス

公共交通機関をご利用の場合

近鉄白子駅からバスで鈴鹿サーキット終点下車すぐ

お車でお越しの方

マップコード:38035853*03
東名阪自動車道 鈴鹿ICから約30分

営業時間や料金などの情報が、最新ではない可能性があります。
最新情報は 鈴鹿サーキット 公式HP や施設にてご確認下さい。
また、情報の修正依頼はこちらからお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました