こどもの国プール 紹介・口コミ

こどもの国プール(横浜)
出典:こどもの国プール
営業期間7月中旬~8月下旬頃
2021年は新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響により営業中止。
休業日毎週水曜日 (祝日の場合開園)
営業時間

プール
10:00~16:00 
(最終入場 15:00)

こどもの国
・7~8月
9:30~17:00 
(最終入場 16:00)

・上記以外
9:30~16:30 
(最終入場 15:30)

住所神奈川県横浜市青葉区奈良町700
電話番号045-961-2111
プール屋外/噴水プール、幼児向けプール、25mプール、ウォータースライダーなど

都心からわずか30㎞の、自然豊かな広大な子どもの遊び場「こどもの国」内にある、夏季限定で営業する屋外レジャープール。

幼児向けプールや25mプールなど7つのプールとスライダーが備わっており、特にお子様連れのファミリーに人気だ。

プールで遊び疲れた後も、園内にあるさまざまな遊び場で1日中遊ぶことができます。

この記事では、プールの詳細や口コミなどをご紹介します。

施設紹介

水深30~70cmの大きなプール

 

  • 水深30~70cmの大きなプール
  • 水深15~30cmの噴水のある3つの浅いプール
  • 水深1.2mの大きなプール
  • 本格的に泳ぎたい方向けの水深1.3mの25mプール
  • 大きな屋根の休憩所

出典:こどもの国プール

レジャープールでは定番の流水プールや造波プールといったものは無いが、15cm~130cmまでのさまざまな水深のプールが用意されている。

まだ小さなお子様は、水深15cm~30cmの噴水のある3つの浅いプールで安心して遊ぶことができ、プールデビューにオススメです。

水深30~70cmの大きなプールもあるので、背丈が異なる兄弟・姉妹でも同じプールで遊ぶことも可能。本格的に泳ぎたい方は25mプールで泳ぐこともできます。

こどもの国のプールで特徴的なのが、中心にある巨大な屋根がある日陰の休憩スペース。

園内にはテントやパラソル類は持ち込み禁止で、こちらの大屋根の下で持参したレジャーシートを敷いてみなさん休憩しています。屋根がとても高く、風通しが良いので暑さをしのぐにはとてもGood。

ちなみに、冬にはこの休憩スペースがスケートリンクに変わって遊ばれています。

こどもの国プール(横浜) ウォータースライダー
出典:こどもの国プール

他に、長さ22m直線型滑り台と、青 (90m)・緑 (70m)の2基のチューブスライダーもあり、それぞれ人気があります。子どもも大人もスリルを楽しめて良いですね。

スライダー・滑り台詳細

チューブスライダー
・青色
長さ:90m
年齢制限:小学4年生以上
利用人数:1人ずつ

・緑色
長さ:70m
年齢制限:小学1年生以上 (高校生以上と一緒なら3歳から可能)
利用人数:2人まで繋がって滑れる

滑り台
長さ:22m
年齢制限:なし
レーン:2つ

  • 全ての着手プールは水深85cm。
    (浮き輪など使用不可)

プール場内は、オムツ台・授乳室・男女トイレ内にベビーキープ完備。ベビーカーで来られた場合は、プール入口近くにベビーカー置場があります。

まだオムツの取れていないお子様は、水遊び用パンツ上に水着を着用して入水可能。小さなお子様連れの方に配慮されたプールとなっています。

プールマップ

こどもの国プール(横浜) 見取り図
出典:こどもの国プール

プール用品販売

プール場内の売店で水着、浮き輪、ゴーグル、メガネバンド、水遊び専用パンツ、ビーチボールなどのプール用品が販売されています。

数に限りがあるため、なるべくスイム用品は持参しましょう。

クレジットカード、電子マネーは利用できません。

飲食について

プール場内の売店で食べ物 (カップラーメン、焼きそば、お菓子など)、飲み物 (ジュース、お茶など) が販売されています。

食事は大屋根の下か、売店側の日除けシェルターの下で可能です。

なお、飲食物の持ち込みはOKです。ただし、アルコール、ビンは持ち込み禁止となっています。

クレジットカード、電子マネーは利用できません。

営業日時

2021年は新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の影響により営業中止。

営業日

7月中旬~8月下旬頃

  • 毎週水曜日休園日。(祝日の場合開園)
  • 荒天時または気温や水温が低い場合は、開場を遅らせたりプールを閉鎖する場合あり。

営業時間

10:00~16:00 (最終入場 15:00)

入場料金

プールを利用するには、こどもの国の入園料とプール入場料がそれぞれ必要です。現地での支払いは現金のみ可能です。

入場料 (入園料別)

プール入場料です。こどもの国入園料は含まれていません。

対象料金
高校生以上700円
小中学生400円
3歳以上400円
3歳未満無料

セット料金 (入園料 + 入場料)

こどもの国入園料とプール入場料がセットになった金額です。

対象料金
高校生以上1,200円
小中学生500円
3歳以上400円
3歳未満無料

プールメイト

こどもの国入園+プール入場がセットになった、プールオープン期間中に何度でも使用できるフリーパス!5回以上の利用ならプールメイトがオススメ!

対象料金
高校生以上5,000円
小中学生2,500円
3歳以上2,000円

コインロッカー

更衣室内に有料のロッカーがあります。

 料金個数 (男女合計)
 大 200円36個
 小 100円2,220個
  • ロッカーキーは必ず身につけ、紛失には注意しましょう。
    紛失すると代金として1,000円の支払いが発生します。

駐車料金

現金のみ支払い可能です。

車種料金
普通車・小型車・軽自動車1,000円
マイクロバス・バス2,000円

制限・注意事項など

入場制限

  • 入れ墨・タトゥーのある方は、なるべくラッシュガードやサポーターを着用するよう、公式サイトにてお願いの記載があります。
    現地でラッシュガードの無料貸し出しあり。(ただし枚数の制限があり、預かり保証金1,000円が必要。プール売店では、ラッシュガードの販売があります。)
  • プールの再入場はできません。

持ち込みについて

  • 浮き具の持ち込みは可能。
    エアマットなどの大型の浮き具は、空いているときは可。混雑時は大型の浮き具や小さなゴムボールのキャッチボールなどを禁止する場合あり。
  • 飲食物持ち込み可能。ただし、アルコール飲料、ビンの持ち込み禁止。
  • ガラス製品の持ち込み禁止。
  • 混雑時の4輪キャリーカートの持ち込み禁止。
  • 日傘、テント類の持ち込み禁止。

プール場内規制

  • シャワーより先の場内は、サンダルなども含め、全ての履き物の使用禁止。
    (ケガや障害のある方はスタッフへ相談してください)

プールの中 (水中) の禁止事項

  • ガラス製品・貴金属製品類 (時計・メガネ・ネックレス・ピアス・イヤリングなど) の着用・持ち込み。
    (メガネバンド着用の場合は、滑り台・25mプールを除くプールにメガネをかけたまま入水可能)
  • カメラ、ビデオ、携帯電話など (防水、水中用も含む) の持ち込み・使用。
    撮影する場合は、プール端の白い部分より一歩下がって行うこと。

公式Twitter (混雑状況など)

口コミ・評判

アクセス

公共交通機関をご利用の場合

横浜高速鉄道 こどもの国線 こどもの国駅から徒歩10分。

お車をご利用の場合

東名高速道路 横浜青葉ICから約20分。

営業時間や料金などの情報が、最新ではない可能性があります。
最新情報は こどもの国プール 公式HP や施設にてご確認下さい。
また、情報の修正依頼はこちらからお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました